消費者と事業者の信頼の中心に。

認証プログラムや研修、資格制度を通して個人情報保護をトータルにサポートします。

2016.05.24NEW

オフィス移転及び移転に伴う臨時休業のお知らせ

詳細を見る
オフィス移転及び移転に伴う臨時休業のお知らせ
拝啓 平素は当機構の事業に関し格段のご高配を頂き誠にありがとうございます。
この度、当機構は業務拡大に伴い下記の通りオフィスの移転をする運びとなりました。これもひとえに皆様のご支援の賜物と心からお礼申し上げます。
今後とも従業員一同、業務に精励いたしますので、一層のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。
尚、移転作業に伴い6月10日(金)は、終日臨時休業とさせて頂きますので予めご了承のほどお願い申し上げます。
敬具
平成28年5月吉日
移転先所在地
〒107-0014
東京都千代田区永田町2-4-11フレンドビル
新電話番号03-6457-9507(代表)
FAX番号03-6457-9508
業務開始日 平成28年6月13日(月曜日)
臨時休業日 平成28年6月10日(金曜日)
2016.04.25

「eラーニング講座」開始延期のお知らせとお詫び

詳細を見る
「eラーニング講座」開始延期のお知らせとお詫び
平素は当機構の事業に対し格段のご高配を賜り誠にありがとうございます。
この度、"2016年4月下旬開始"としてご案内しておりました「eラーニング講座」の開始日につきまして、延期させて頂くことになりました。
ただいま一日も早く資格者様にお届けできるよう、鋭意努力しております。
開始日につきましては確定次第、当機構のホームページでご案内致します。
開始直前のご案内となり、資格者の皆様にはご迷惑をお掛け致しますことを心よりお詫び申し上げます。
今暫くお時間を頂きたく、何卒宜しくお願い申し上げます。
2016.04.22

熊本地震で被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます

詳細を見る
熊本地震で被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます
2016年4月14日以降、熊本県、大分県で頻発しております一連の地震の被災地、被災者の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
被災地においては、一日も早い復旧と、皆様のご無事を、心よりお祈り申し上げます。
この度の地震で被災された当機構の認定資格取得者様については、現在お持ちの資格の更新期限を、一定期間延長する対応を取らせて頂きます。
ニュース
認定CPA・CPP資格更新講座
  • 2016年06月24日(金)
  • 14:00~16:30
認定CPO資格講座日程
  • 2016年07月15日(金)
  • 09:30~17:30

OUR BUSINESS JPACについて

プライバシー保護に関する研修や資格、認証プログラムの提供を通じて、

企業とユーザーの信頼関係構築、個人情報保護の推進をサポートするトータルソリューション

企業のウェブサイトにおける個人情報の適正な取り扱いや安全性を認証するプログラムとして世界中で利用されている「TRUSTe」。

「CPA(個人情報取扱従事者資格)」「CPP(個人情報管理者資格)」「CPO(個人情報保護最高責任者資格)」 という個人情報の運用と管理に関する認定資格。

個人情報保護マネジメントシステム運用のためのプロフェッショナルを育成・認定する「JCPC(認定プライバシーコンサルタント資格)」。

こうした、個人情報に関わる資格制度の運営や社員教育、認証付与など総合的ソリューションを提供し。個人情報保護の推進に貢献してまいります。

SOLUTIONS 3つのソリューション

3つのソリューションを通して個人情報保護をトータルにサポート。
消費者と事業者の信頼育成に貢献します。

  • SOLUTION01

    認証プログラムで
    Webサイトの適正な運営を支援

    詳細を見る

    アメリカで始まった「TRUSTe」は、Webサイトを運営する事業者が、個人情報の取扱いについて一定の基準に適合しているかを審査・認証するプログラム。現在、北米・ヨーロッパ・アジアなどの地域に展開、アメリカではIBM、インテル、AOL、ディズニーなど、日本ではメットライフ生命、大鵬薬品など世界6300サイトが導入しています。 JPACは、日本で唯一のTRUSTe認証付与機関として、企業とユーザーとの信頼関係構築をサポートします。

    Apple、McDonald'sをはじめ
    世界約 6,300サイトに導入!

    TRUSTe 詳細はこちら
  • SOLUTION02

    研修・認定資格制度で
    従業者の意識向上を支援

    詳細を見る

    情報漏えいの約9割は、不正アクセスなどの外部からの攻撃ではなく、自社の従業者の行動に起因しています。JPACでは、個人情報に関する事件事故を防ぐため、組織内の役職・役割に応じた個人情報保護の教育及び認定試験を行っています。 ・CPA(個人情報取扱従事者資格) ・CPP(個人情報管理者資格) ・CPO(個人情報保護最高責任者資格) 3種類の認定資格を組み合わせることによって、組織の情報セキュリティの強化やコンプライアンス、不祥事対策などに役立てることができます。

    活躍する認定資格取得者は国内最大級!
    累計約16,000

    3つの認定資格詳細はこちら
  • SOLUTION03

    社内外で活躍できる個人情報保護のプロフェッショナル資格

    詳細を見る

    プライバシーポリシーの策定から運営・監査、トラブルの対応、社内外の教育まで総合的に業務を推進できる人材を養成する「認定プライバシーコンサルタント資格(JCPC)」。 JPACでは養成講座の開講や認定資格の運営を通して、個人情報保護全般を広くカバーし、第三者認証制度(TRUSTe、プライバシーマーク)取得支援コンサルタントや、取得・更新に関わるプロジェクトリーダー、個人情報保護管理責任者など、社内及び社外における専門職として活躍できるプロフェッショナルを育成します。

    認定資格取得者
    累計約 3,000

    JCPC 詳細はこちら

VOICE 利用者の声

資格を取得された方や、企業研修を導入された企業様など

様々なご利用事例、ユーザーの皆様の声をご紹介します。

  • キリンビール株式会社S様

    個人情報の第三者提供や委託先の監督などの部分で理解が深まりました。思っていたよりも難しい内容でした。今後も継続的に社内及び外注先企業に対する個人情報の管理と監督を十分注意していくつもりです。

  • 株式会社NTTドコモT様

    自分の中で個人情報保護に関する一定の知識はありましたが、改めてこの認定CPO資格研修を受ける事で最新の知識や具体的な対応方法など、得るものが多くありました。

  • マイクロソフト株式会社D様

    受講時は顧客サービス部門にて、主にコールセンターにおける個人情報の取扱い等を意識しながら勉強させていただきました。異動により、部署はまったく異なる営業マーケティング部門に移りましたがやはりここでも、Web懸賞応募データの取扱い・セミナー参加者の個人情報収集など昨今この分野はますます必須の知識だと認識を新たにしています。

  • 富士通株式会社S様

    知識経験豊富な講師による解説、熱気のこもる演習などが印象に残ります。当時の所属会社を退職後も在職時の成果が認められ、嘱託で社内の保護体制の構築や監査の業務を継続しており、退職後の生活安定の意味でもJCPC資格は有効でした。個人情報保護に閉じず、情報/ネットワークセキュリティの基礎知識もあればベストです。

  • freee株式会社F様

    弊社のサービスは、オンラインでお客様の財務・会計・人事情報などの重要な情報を扱うため、個人情報も含めた情報全般の取扱いには細心の注意を払っています。TRUSTeを取得すると年1回外部からチェックを受けることになりますので、適切な情報管理体制の維持が出来るとともに、対外的にそれをPRすることができますので、お客様に安心してサービスをご利用いただいております。

  • 株式会社インタースペースH様

    お客様の重要な情報の取扱いがサービスの拡大と共に増えております。TRUSTeを取得・更新することで、管理体制の見直しと維持ができることはもちろん、お客様の視点に立った情報管理のあり方や、お客様にとって分かりやすい利用目的の伝え方の工夫もするようになりました。こういった意識は消費者保護を推進する上で重要な要素であると感じています。

  • 株式会社NTTドコモT様

    自分の中で個人情報保護に関する一定の知識はありましたが、改めてこの認定CPO資格研修を受ける事で最新の知識や具体的な対応方法など、得るものが多くありました。

  • 富士通株式会社S様

    知識経験豊富な講師による解説、熱気のこもる演習などが印象に残ります。当時の所属会社を退職後も在職時の成果が認められ、嘱託で社内の保護体制の構築や監査の業務を継続しており、退職後の生活安定の意味でもJCPC資格は有効でした。個人情報保護に閉じず、情報/ネットワークセキュリティの基礎知識もあればベストです。

  • 株式会社インタースペースH様

    お客様の重要な情報の取扱いがサービスの拡大と共に増えております。TRUSTeを取得・更新することで、管理体制の見直しと維持ができることはもちろん、お客様の視点に立った情報管理のあり方や、お客様にとって分かりやすい利用目的の伝え方の工夫もするようになりました。こういった意識は消費者保護を推進する上で重要な要素であると感じています。

ABOUT US 組織情報

経営理念

プライバシー保護に関する認証・教育・研修を通じて、

消費者と事業者の間の信頼構築に貢献し、我が国の

個人情報保護の推進に寄与する。

法人名
一般社団法人 日本プライバシー認証機構
英語名称
Japan Privacy Accreditation Council(略称:JPAC)
所在地

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前3-42-11 ローザビアンカビル

[交通アクセス]

地下鉄 東京メトロ 銀座線 「外苑前駅」 3番出口 徒歩5分

大きな地図で見る
お問い合わせ

[Tel] 03-6804-1051 [Fax] 03-5775-5369

[mail]corpinfo@jpac-privacy.jp

代表理事
星野 克美(多摩大学 名誉教授)
関連団体

米国法人TRUSTe

https://www.truste.com/

特定非営利活動法人日本プライバシープロフェッショナル協会

http://www.jppa-npo.org/

主要取引先

※敬称略/五十音順

株式会社IHI、イオンクレジットサービス株式会社、株式会社NTTデータ、NTTコミュニケーションズ株式会社、大塚製薬株式会社、株式会社ぐるなび、KDDI株式会社、株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン、サイボウズ株式会社、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社、積水化学工業株式会社、大鵬薬品工業株式会社、テルウェル西日本株式会社、株式会社 電通、東京海上日動火災保険株式会社、西日本電信電話株式会社、日産自動車株式会社、日本アイビーエム株式会社、日本電気株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社、日本マイクロソフト株式会社、日本ユニシス株式会社、株式会社 博報堂、株式会社パスモ、東日本電信電話株式会社、富士ゼロックス株式会社、富士通株式会社、株式会社Platform ID、freee株式会社、マネーツリー株式会社、株式会社マネーフォワード、三井住友トラスト不動産株式会社、三井物産株式会社、メットライフ生命保険株式会社、株式会社メディセオ、株式会社ランドスケイプ、株式会社リクルートホールディングス、株式会社ローソン

HISTORY 沿革

1997年
米国にてNPO・TRUSTeが活動を開始
2001年
NPO組織として国内唯一のTRUSTeマーク認証付与団体として事業開始
2003年
個人情報保護法成立、一部施行
2005年
個人情報保護法全面施行
2006年
一般社団法人に組織変更
2011年
スマホアプリ向け認証サービスを開始
2015年

NPO日本プライバシープロフェッショナル協会より、個人情報保護認定資格

CPA、CPP、CPOの運営を継承。TRUSTe事業部、認定資格事業部の2事業部制となる

NPO日本プライバシーコンサルタント協会より認定プライバシーコンサルタント資格事業を継承

TOP MESSAGE 代表挨拶

プライバシー保護に関する認証・研修・資格付与を通じて、 消費者と事業者の間の信頼構築に貢献し、 個人情報保護の推進に努めてまいります。

ご存知のように、個人情報の漏えいや流出事故が後を絶ちません。事業者がその活動を通して得る消費者の個人情報や、取引先の機密情報などは、当事者の重要な情報資産であり、その管理体制が厳しく問われるようになっています。万一、情報漏えい事故が起きてしまえば法的責任に留まらず、道義的責任が問われ、社会的な信用を失いかねません。

情報漏えいを防ぐことは、消費者と事業者の信頼関係を守ることであり、ひいては事業者そのものを守ることに繋がります。 そのための万全な対策が求められているのです。

いまでは世界中で広く用いられている個人情報保護第三者認証プログラム「TRUSTe」の認証付与機関として2001年に活動を開始した一般社団法人日本プライバシー認証機構(JPAC)は、これからも国際的な個人情報保護第三者認証プログラムである「TRUSTe」の日本唯一の認証付与機関としての事業と、個人情報保護研修や認定資格付与事業を通して、消費者と事業者間の信頼構築に役立つソリューションを提供します。

kataumi hoshino

一般社団法人 日本プライバシー認証機構 代表理事 星野 克美

それぞれの資格、認証システムについての詳細は、各専用サイトでご覧いただけます